田中・石原・佐々木法律事務所 | 武蔵小杉の法律事務所 田中康晃  所属弁護士 > 田中康晃 弁護士

田中 康晃 (たなか やすあき)

所属
  • 神奈川県弁護士会
経歴
  • 昭和51年 神奈川県生まれ
  • 平成7年 青山学院高等部卒業
  • 平成11年 青山学院大学法学部卒業
  • 平成11年 (株)ツーカーセルラー東京(現「KDDI株式会社(au)」)入社
  • 平成14年 (株)ツーカーセルラー東京(現「KDDI株式会社(au)」)退職
  • 平成17年 司法試験合格
  • 平成18年 司法研修所入所(旧60期:福岡修習)
  • 平成19年 弁護士登録(東京弁護士会)
  • 平成20年 横浜弁護士会へ登録替え(武内法律事務所所属)
  • 平成20年~23年 青山学院大学法科大学院非常勤講師
  • 平成24年 田中・石原・佐々木法律事務所開設
  • 平成28年~30年 衆議院議員秘書(政策担当)
  • 平成30年7月11日 政治資金監査人登録
  • 平成3010月~ 横浜家庭裁判所家事調停委員
田中康晃 弁護士 田中・石原・佐々木法律事務所
主な取扱業務
法人

企業法務全般、企業研修、労働問題、独禁法(下請法)、外国人の法律問題、知的財産権(著作権)問題等

◆個人

労働問題、交通事故、債権回収、不動産関連(不動産売買・賃貸)、相続・遺言、婚姻・離婚等

所属団体・役職等
  • 独占禁止法研究会(神奈川県弁護士会)
  • スポーツ法研究会(神奈川県弁護士会)
  • 地域司法計画委員会
  • 外国人ローヤリングネットワーク
  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク
  • 神奈川県弁護士会テニス部
  • 東京法曹テニスクラブ所属
出版・論文・講演等
  • 馬車道勉強会講演(不動産取引に係る法律問題/2009年)
  • 馬車道勉強会講演(賃貸借契約に係る法律問題/2010年)
  • 「一問一答 下請法・下請法取引?物の強制購入と独占禁止法(優越的地位の濫用)の適用について」(NBL945号(商事法務)/2011年)
  • 「民暴マニュアル改訂版」(神奈川県弁護士会/2012年/共著)
  • 「中国独占禁止法の現状と課題」(神奈川県弁護士会独占禁止法研究会/2012/共著)
  • 「やまゆり資産活用勉強会(山王建設(株)主催)」講演(老朽化アパート等の倒壊リスクと対策法/2012年)
  • 「賃貸オーナー勉強会((株)アマヤホーム主催)」講演(訴訟事例から考える!老朽化アパートの倒壊リスクと対策法/2013年)
  • 「スポーツ指導者の法律マニュアル」(神奈川県弁護士会スポーツ法研究会/2016年9月/共著)
  • 週刊新潮(20181011日)・特集記事『パワハラ・セクハラ 告発されないためのケーススタディ』にコメント記事掲載
  • 「管理職のためのパワハラ・セクハラマネジメント講座」講演(ストアカ講座/2018年12月)
  • 「独占禁止法・下請法~違反行為の判断基準と実務上の留意点」(第一法規/2019年2月/共著)
  • 週刊新潮(令和元年7月25日号)・特集記事(パワハラ関連)にコメント記事掲載
コメント

 3年間のサラリーマン生活を経た後、一念発起し弁護士となりました。祖父や父が事業をしていた関係から中小企業やベンチャー企業の方々のリーガルサポートに積極的に取り組んでいます。
 また、日本に駐在する外国人の方々のリーガルサポートはまだまだ不十分ですので、こうした問題にも携わっていきたいと考えています。